聖地巡礼 2021年5月30日 福岡 糸島茶房

 今回は HKT48の久々のコンサート そして推しの森保まどかさん卒業コンサートということで 夫婦二人での福岡入り(残念ながら女房殿は落選でしたが)コンサート当日は38回目の結婚記念日と言う事で翌30日 前夜魂を根こそぎ持っていかれたのにもめげず かつてまどかさんがFまど 車窓からで触れていた 糸島茶房へ記念のランチに

店の前には海が
駐車場から 店の入り口を
番組冒頭で触れています

 Fまどへのメールなどでも皆様のお耳にも届いていらっしゃるかもしれない我が女房殿は連れ添って38年(その前に半同棲もあるので約40年になる 年齢一つ下 中学の後輩 彼女の方から付け文(言葉が古くて申し訳ありません)をしてきたのがきっかけで付き合いだしました 自慢するほどのものではございませんが軽いプロフィールを入れさせていただきました

 まどかさんの生誕 17歳の時にも劇場へと言うくらいのヲタ そして福岡の風土を愛してやまない彼女は卒コンと結婚記念日が重なった事に喜んで ぜひにも行きたいと楽しみにしていました 卒コンは入れませんでしたが深夜近く宿に帰った僕にセットリスト まどかさんの一挙手一投足 微に入り細に入り質問責めです 幸せな夜だったと言うと満足そうに頷いて祝杯を酌み交わしました 

朝から豪華な食卓

 大きな風呂(温泉)が好きな彼女を喜びそうな大浴場があるホテルが市内にはいくつかありますが アクセス 設備(レンタカーを借りるつもりだったので駐車場)面で三井ガーデンホテル福岡祇園に2泊していたのですがこちらは朝飯が美味しいのを過去にも利用して知っていたので楽しみにしていました 水炊き「とり田」の系列店「うお田」で提供されるブッフェが抜群に美味しいのですが今回はプレートメニューで「海鮮丼」「焼き魚」を選ぶ形になっていました 飯のうまさ 小鉢に盛られた惣菜類に施された丁寧な調理は変わらず 朝から大満足 スタッフのスマートな接客 露天風呂から見上げる博多の夜空 肌を撫でる優しい風 福岡での宿泊 ぜひ一度利用をお勧めします

 呉服町ランプから都市高速へ 荒津大橋(全長345m)を通ってお馴染みの道のり ただ今日は西公園で降りずその先へ 1時間もかからずに博多湾西岸を抜けて二見ヶ浦ほど近くのお店に到着 前日入れた予約より30分近く早かったのですが快く店内に案内してくれました 海を望む店内は開放的なインテリアでお店の方も明るく丁寧な接客で好感が持てました

 魅力的なメニューに随分と迷いましたが 女房殿はこちらのおすすめ自家製麺のパスタからごろごろ野菜のアラビアータ 僕はメイン料理から糸島豚肩ロースのコンフィをチョイス +800円で糸島野菜のグリーンサラダ ライ麦パン 本日のドルチェ 珈琲or100 %ジュースをつけてさらに+300円でドルチェは茶房特製のクラシックパンケーキにしました
 以前糸島市の主催の東京での食材紹介イベントへ夫婦で参加したことがありました つまんでごらんや野菜 豚肉 生産者の皆さんと席を囲んで実際に食することができたのですがどの方も熱意のこもったアピールでこんな方達が手をかける食材は間違いないのだろうなと思い その期待を裏切らない食材たちが織りなす料理に驚かされたことを思い出しました
 今回も自家製麺のパスタの風味 喉越し 肉のしっかりした旨味 歯応え 野菜たちが纏う香りはどれも絶品で素性の良さを十全に活かすように施された調理も好感が持てました ある意味看板メニューともいえるパンケーキはその食感と小麦の焼けた香り くどさを避けた甘み まどかさんオススメの蜂蜜をかけるのももちろんですが バターを塗るだけでも良いかもしれません ボリューム感もたっぷりのセットメニュー 大切な方といらしてシェアなんてのがおすすめでしょうね 静かな波音 優しい浜風 美味しい食卓 とても楽しい結婚記念日の祝いになりました 次回はまどかさんのフォトブックを追っての聖地巡礼ができたらなどと思っております

6月13日 HKT48森保まどか 14thシングル「君とどこかへ行きたい」劇場盤発売記念「会場でおしゃべり会」@関東会場 有明セントラルタワーホール

3日間 3件の開催会場

 まどかさんの今後については不明 白紙という認識ですので直接お会いして一対一でお話しできるイベントは最後と思われます 劇場公演 イベント コンサート SNS数々の機会でまどかさんとお会いしてきました 当初はその美貌やたたずまいに圧倒され ぎこちなかった自分も握手会が待ち遠しくて仕方ないというまでになりました AKB名義 HKT名義 チャンスも多い頃はこんな事になるなんて思いもしませんでした 足 掛け9年近い夢の逢瀬もいよいよ最後と思うと前夜はよく眠れませんでした

 前日と同じルートで会場入り 1日全部9部まで 枚数は少なめ(卒業発表直後であっという間に完売)ですが今日1日を楽しもうと思いつつ今日の方針を考えたのですが お別れの言葉や感謝を言葉にして伝えるのはガラじゃないのでいつもどおりに行こうかななんてざっくり考えました 

 個別の部における会話は写真会と同様 四方山話を楽しませていただきました 内容は僕の胸の中 大切な宝物なのでここでは詳しく記すことはご容赦ください 

 まどかさんとの会話は聴き上手 話の持っていき方の巧さもあってスムーズ そして普段は1日黙ってろと言われれば黙っていることも厭わない僕ですがまどかさんの前では流暢に喋れます 今回は枚数少なめなので真剣に時間配分を考えていましたがついつい話しすぎて 話がとっ散らかってしまったのは否めないです 唯一 まどかさんにラストらしいお話をさせていただいたのがラスト2の8部 「何をしてても良いから 健康ではいてね 健やかな笑顔を曇らせたりしないで」神妙に聞いていたまどかさん 嫋やかな笑顔で「志村さんもだよ 約束だよ」 ありがとう 必ず次に会うまで そのさきも健康第一に過ごす事にするね 「うん わかったよ 約束する」その先を呑み込んだのは内緒 まどかさんの笑顔が曇るようなことがあったら僕はもう耐えられないって思うんだ だからお願いだよ   

 ラスト9部は上記の画像のような出立をしました
 みなさんもご存知の方もいらっしゃるお仲間の方が現場に足を運んでいらっしゃって「参加券はないので この場に来ていること どこに行っても応援していることを伝えて欲しい」とのお願いをされたので託されたカチューシャを頭に乗せました レーン係の青年に可否を問うとにべも無い口調で「こちらからつけてください」こちらは手に持ってと思っていたので「え?」でもへこたれずに「これをつけても変身しないし ビームも出ないから」と軽くボケても「こちらでつけてください」 ああ 辛い 「どうぞ」 冷酷にも最後の部スタート 冒頭に出立の説明と託された思いを伝えてやりとり 笑いながら「ありがとう 志村さんがこんなに好きになってくれるなんて思わなかったよ」 もうその言葉で気絶にしそうになったんだよ 最後は色気のある敬礼を交わそうと思ったていたのに ちゃんとできなかったよ 

 何回 何箇所 何時間 どれだけまどかさんとの時間を楽しんだのだろう この年になれば理不尽な現実に必要以上に怒ったり悔やんだりはしない それでもまどかさんとの時間を控えた前日の夜は 夢より現実の方が楽しいことを実感できていた 女房殿と付き合っている頃と同じような華やいだ気持ち 子供たちが可愛い盛りの頃の充実した気持ち それとは少し違うかもしれないけど 自分の中にある「力」を感じることのできる時間でした これからもそんな風でありたい できるのならまどかさんとの時間(応援)にその「力」を費やせればいいと思います そしてこの間に知己を得た皆さんとお会いできることを願っています

森保まどかソロピアノアルバム「私の中の私」劇場盤発売記念2ショット写真会 振替開催@関東会場有明セントラルタワーホール

去年の2月に 今日の会場のほど近く TFT HALL300で開催される予定だった2ショット写真会 その後渋谷に延期 非常事態宣言の発出を受け再延期となり そして卒コン いよいよと覚悟を決めた頃 本人の申し出でイベントの開催を決定との告知 些か急ではあったけれど日程も発表 この状況下において勇気ある決定をしてくださった関係各所の皆様に感謝するとともに気にかけてくださったまどかさんには大感謝です

会場の有明セントラルタワー

 久々に直接お目見え叶うとあれば その興奮 還暦を迎えた老いた身にたぎるものが未だ残っていたことを再確認させてくれるほどでした 早朝バイトのおかげで身についた早起き 自宅を6時半過ぎに出発 上尾道路 新大宮BP S5 C1 11と乗り継ぎ 台場で一般道というルートでしたが流石に早すぎる到着 芝浦ジャンクション手前で 芝公園方面へ東京タワーを右手に都心環状線をもう一周してみました 暴走とか縁のない人間ですが今朝は 戸惑いのルーレットとなってしまいました それでも開場時間にはまだまだの時間に駐車場に到着 持て余した時間 近くの海を見にふらふらと散歩 鈍色に揺れる東京の海をぼんやりと眺めながら 何を話そう どんなポーズにしようと頭を回そうと努力しましたが浮かぶのはまどかさんの眩しいお姿だけでした

 まどかさん一人のそれも振替のイベント お馴染みのみなさんばかりです 混雑もなく落ち着いた会場の雰囲気もあって サクサクと進行するイベント 待機列に聞こえてくるまどかさんの可憐で清らかなお声 否が応でも盛り上がる気持ち 
ま まずい泣きそうだ 人前でなく男は嫌いだって言ってる自分が泣くのは そう見栄っ張りの自分には好きな女(ごめんね まどかさん)の前で泣くことは一生の不覚に値するもの 女房殿の前で泣いたことがないのにまどかさんの前で泣くわけにはいかない 必死の一人大喜利が功を奏しギリセーフで1枚目と2枚目 服装を見て「ちゃんとしてきたんだね」「一応 卒業式の時と同じ格好できたんだよ」「私のとよくあっているって思わない?」 ああ そうこの感じ この笑顔 この空気を待っていたんだよ ずっと ずっと まどかさんの前ではもちろん、まどらーさんの前でも馬鹿話ばかりをしていたのは心のバランスが崩れてしまいそうだったから 女房殿の新しいバイトの話や 会場のビルがガッキーのドラマのロケ地だったよとかもう脈絡のない四方山話に付き合ってくれてまどかさんありがとう だってしんみりとした話するなんて土台無理だったんだよ だからさ 一回飲み明かそうよ 旨い酒と肴 そして良い音楽 じっくり語ろうよ まどかさんも聞き上手だけど自分もまどかさんのお話ならずっと耳を傾けていられるからさ

先日のSHOWROOMで伺ったポーズで
最後は やっぱり敬礼

 ぎこちなさが取れる頃には終わりの時間となっていましたが ときめく心(齢六十の爺が使うには不適当なのは百も承知 ご容赦ください)を久々にとり戻したその帰途 自宅近くのコンビニに寄ってついついビールを手に そして気分の良さにプシュッ 車のことを忘れ夜風にあたりふらふらと帰宅 女房殿の「あなた 車は置いてきたの?」「?」 まどかさん には話したのですが 埼玉のトゥームレイダーことアンジーは本家の如き美貌ももちろんですですが何よりその戦闘能力の高さは本家に勝るものがございます 明日のためにも ひたすら許しを請い 女房殿が車を取りに行く間 今日の成果をニヤニヤ 会話を反芻して一日目の顛末といたします

5月29日 北九州ソレイユホールHKT48コンサート みんな元気にしとった? 〜森保まどか卒業式〜 

開場前の正面玄関前

 3月6日 発表の日「春の終わり頃」としていた日がついに来てしまいました コロナ禍の中 開催も危ぶまれましたがまどかさん そしてまどらーさん スタッフの皆さんの願いが届いたのでしょうか 無事開催となりました いくつかの劇場公演で訪れた際にお見かけしたお顔や懐かしいお顔に再び見舞えることが叶い 気分も一気に最高潮に

 ロビーには まどかさんの活動を掲示 関係各所 ファン有志(卒業企画実行委員会 私も皆様の末席を汚しております)からのお花も並び 華やかな雰囲気です そして圧巻なのはロビー正面の壁面に展示された横断幕 こちらも卒業企画実行委員の方々の労作です まどかさんはほんと出会いや周囲の方に恵まれていて ファンの皆さんはセンスに溢れた紳士淑女ばかりで居心地のいいコミュニティだと思います さて安定のくじ運で一階席最後方から2列目に着座すると 耳馴染みのあるあのジングルが…

 当日のツイートで仰っていたことはこのこと fまど特別版のことだったのです メールの投稿主はまどかさんを愛してやまないスタッフの皆さん 簡潔なメールにもまどかさん への愛情に溢れるエピソードが盛り込まれ ステージ前にもかかわらずまどかさんも寛いだ口調でいつものあの時間が帰ってきたようでした スタッフさんからも愛され続けた10年だったということを再確認できた一幕 いや開演前だからひとときでした

 お馴染みのOverture 一曲目はLotus ピアノ(RolandのGPシリーズかな?)の前 純白を身に纏ったまどかさん そしてエクステ姿 ロングの女神が帰ってきました この日のためにレッスンを積み重ね仕上げてきた演奏が響き渡る まどかさんのオリジナルピアノ曲 ファン人気も高い名曲を一曲目に持ってくるなんて いきなり漆黒のハンマーで脳天を叩かれたよう 今日のステージが只者でないことを予感しました

 二曲目で 予感的中 可憐なピアノのイントロ ご本人も好きな曲としてあげる「恋の指先」 森保まどかの代表的なレパートリーを冒頭で使ってしまう これでこの先の展開が読めないというか 期待が大きく膨らみだしました

 今日は私の卒業式でーす 明るい声でしっかりと宣言しているその姿は凛々しく 最後までしっかりとステージを楽しもうとしているようでした まどかさんはいつも自分を見失うことがなく その時の目標に向かうことを忘れないところが魅力です 聡明で辛抱強い でもそれだけではなく その場その場で目一杯楽しもうと積極的なアプローチというかノリノリでお茶目な部分も多分に持ち合わせており しぇからしか!の冒頭のオリジナル振り付け(しぇ しぇに合わせて スピンしながらイヤミのシェーをする)を密かに繰り返していたなんてエピソードはその一つです

HKT48コンサート みんな元気にしとった? 森保まどか卒業式

Program MUSICtitlePlayermemo
1
影アナ森保まどか
Overture
LOTUS森保まどかピアノ演奏
恋の指先全員森保まどかピアノ演奏
Everyday、カチューシャ
キスは待つしかないのでしょうか?
しぇからしか!
フライングゲット
MC
10誕生日TANGO森保まどか 松岡菜摘 神志那結衣
11Blue rose森保まどか 田島芽瑠 渕上舞 坂口理子渕上 マイク落とす
12MC田中美久
13ハートの独占権森保まどか 田中美久
1410遠距離ポスター森保まどか 矢吹奈子 運上弘菜 松岡はな 武田智加 地頭江音々 渡部愛加里
1511Choose me!森保まどか 本村碧唯 下野由貴 小田彩加 荒巻美咲 山内祐奈 水上凛巳花
1612友達でいられるなら森保まどか 宮脇咲良
1713キスの花びらChou
1814夜風の仕業森保まどか
19MCNGなし?森保まどかへ質問コーナー森保まどか
2015シンデレラなんていない荒巻美咲 伊藤優絵瑠 清水梨央 石安伊 馬場彩華 宮﨑想乃 村川緋杏 山下エミリー 後藤陽菜乃 田中伊桜莉 村上和叶長野雅 休演
2116UFO募集中秋吉優花 今田美奈 今村麻莉愛 上野遥 熊沢世莉奈 下野由貴 外薗葉月 山内祐奈 市村愛里 川平聖 栗山梨奈 坂本りの
22
17 君とどこかへ行きたいつばめ選抜&みずほ選抜
23MCもりぽへの主張村川緋杏 宮脇咲良 矢吹奈子①武田智加②山内祐奈③坂口理子
2418幻想即興曲森保まどかピアノ演奏
2519だらしない愛し方イントロ森保まどか演奏 
26203−2
27映像スタッフによる送別会
2821てもでもの涙森保まどか 松岡菜摘
2922また あなたのこと考えてた森保まどか 坂本愛玲菜 上野遥 熊沢世莉奈 村重杏奈
3023愛よ 動かないで森保まどか 秋吉優花 豊永阿紀 外薗葉月 今田美奈
3124竹内先輩森保まどか ドラフト3期&5期
3225BINGO!森保まどか ドラフト2期 4期
3326HA!森保まどか 2期&3期
3427手をつなぎながら1期
35MC1期
36MC2期
3728初恋バタフライ
3829君のことが好きやけん
3930早送りカレンダー
4031メロンジュース
413212秒
42MC本日の感想森保まどか 松岡菜摘
4333希望的リフレイン
44映像森保まどか10年間の軌跡
45EN1この道森保まどか
46MC卒業スピーチ
47EN2桜、みんなで食べた
48EN3最高かよ
49MC森保まどか 松岡菜摘
50EN4あなたがいてくれたから
51影アナ松岡菜摘
2021年5月29日 18:00開演
at 北九州ソレイユホール

 

 きっと丁寧に 丹念に仕上げてきたパフォーマンス シングルのカップリング2曲以外の全てをステージ上に立ち この世にかぐや姫が生まれていたのならと思わせるような眩しい笑顔で繰り広げた「森保まどかの集大成」 まどらーの端くれを標榜している自分がこの日が来たことを受け入れきれずに虚と成り果てた心の奥の方に流星雨のように暖かい心 感動を降り注ぐ フェースシールドが一瞬で曇るような感動に身を打ち震わせていた時間 そんな時間を言葉にするには語彙力があまりに不足していますので いくつかのパフォーマンスについての個人的な思い入れと感想を記したいと思います

 まずは恋の指先 かつてコンサートツアーでこの曲を聴いた時の感動は忘れられません 先ほども触れましたが可憐なイントロ まだ少女さが色濃く残るメンバーがステージに現れる冒頭 植木さん 熊沢さん 下野さんが並ぶ場面も素敵ですが 確かイントロの前にまどかさんが壮大なメロディーを奏でる部分 多分 大型ビジョンの映像か脳内望遠レンズで捉えたまどかさんの美しい横顔 この世のどんな芸術作品より美しいその怜悧な横顔に心奪われたのです 最近はコンサートもなくなかなか聴くこともなかったのですが 今回このステージ冒頭での披露 相変わらずの可憐な演奏 ただレッスンや経験の成果もあっったのでしょうか より軽やかに音の一つずつが弾けるような明るい音色にびっくりしました

 そしてChoose Me!  やはりかつてのコンサートで担当したセンター曲 コンサートでの声援があると嬉しいというまどかさんのSNSを見て 必死に喉が枯れるくらいのコールを繰り返したことを思い出しました そのころは今より喋ることが必要とされる部署での仕事に就いていましたが後先考えずになんて感情に囚われたのも久々で妙に嬉しくて誇らしかったのも思い出します 

 そして名曲 キスの花びら Chou ジャンケン大会を観にわざわざ名古屋まで 春フェス 彼女達だけが観たくて雨の中夫婦二人でびしょ濡れで待った浜スタ そんな彼女達二曲目のオリジナルナンバー 生で観たくて通った新劇場 もうこんなユニット二度と現れないだろうな なっちゃんの声が震えていたことに気付いてフェースシールドに手を伸ばした 女房殿にも聴かせたかった(彼女は東京のChou会でパッションフルーツの秘密は聴いている)

 森保まどかといえばって言うとこの曲をあげる方も多いかと思います 旧劇場の高低差をつけたセリを歩くまどかさんの姿 心許ない佇まい 仕草に視線が釘付けになりました「夜風の仕業」公演曲のソロナンバーという晴れ舞台 であると同時に唯一無二の緊張を強いられるこの曲 まだ幼さも残る彼女は丁寧に歌っていると思ったことを思い出します 世界観の表現 パフォーマンスの安定感は当時から抜群でしたが この日のステージはその集大成 切なさ 甘え 微妙な感情の揺れ ステーに  藤原定家所縁のテイカカズラの香りを含んだ初夏の風が吹いたようでした

 続いてはピアノ演奏 幻想即興曲 力強く迷いのないタッチ スピードに流れることのない丁寧な音の立ち上がり ステージ上の空間から大きく迫ってくるメロディ 感情の波を叩きつけてくるようなプレイスタイルも自分のものにしているように思えました 続いて演奏された「だらしない愛し方」のイントロ グリッサンドまでのわずかな時間にもそれは如実に現れていたと思います

 そして 初期からの看板ユニットなつまど その代表曲 てもでも… 情の深いなっちゃん 松岡菜摘さんの声が震えている コールを競り合う名曲も声も出せない今の状況がもどかしくてもどかしくて理性の箍が弾け飛びそうになりました 

 そして「愛よ動かないで」 この曲は感謝祭 ディナーショーに続き三度目にの拝見となります ディナーショーにおいて弾き語りにチャレンジしてくれたのですが体調不良により途中で諦める結果となって 本人もリベンジをとお話しされたのを思い出します そしてこの夜 HKTでも屈指の歌姫 秋吉優花さん 外薗葉月さん 表現力に定評のある豊永阿紀さん 同期で伸びやかで素直な歌唱が魅力の今田美奈さんとのハーモニーにチャレンジ 最後のハーモニーもビシッと決まって大成功 息を呑むのを通り越して息をするのを忘れるくらいの感動 嗚咽を堪えるのに必死でした この時ほど自らのくじ運の悪さに感謝したことはありません 老いた背広姿の男が涙を流しながら歯を食いしばっている姿など見られたくはありません

 この後 懐かしい衣装に身を包んだ一期生の手つなからの一連 映像やスピーチ ラストまでは怒涛 もう言葉にするのは辛いので(資料的価値などない上に身勝手な感想ばかり おまけに途中で撤退 申し訳ありません) いずれ円盤化された時に配信も見逃した方はぜひ観てください 

 推しを応援する気持ちは変わらなくて 気持ちが払底したような気がしません まどかさんがどんな路を歩み始めるのかがとても気になるところですが それもまた楽しみたいと思います 彼女の笑顔が曇ることのない未来につながることを願いつつ 門出に立ち合えたことに感謝をして拙い文章を終えたいと思います 

 

聖地巡礼 5月28日

 今回は5月29日 北九州ソレイユホールで開催される「HKT48コンサートみんな元気にしとった?〜森保まどか 卒業式〜」を観覧するための九州入り 女房と二人でと思ったのですが くじ運まで似たもの夫婦結局私一人で観覧となりました
 ただ事前に 二人分の足と枕を手配済みだったこと ある理由もあって2泊3日 夫婦での小旅行となりました さて今回 まず初日に訪れたのは かつてこちらのブログでも訪れた 篠栗の「茶房 わらび野」さんです

 二度目の訪問ということもあって 迷うことなく若杉山のお店に到着 金曜日の午後という時間でしたが昨今の状況もあってか 待たずに店内へ(以前は予約をお勧めいたしましたが確認したところ 予約は四千円のコースからということでした)案内していただきました

 食事をとも思いましたが 14時も近いということもあって 女房殿が熱望していた冷やし焼きリンゴをいただくことにいたしました 前回と同じ ダッチコーヒーとの組み合わせを2つ 静かな店内に流れるピアノ曲 穏やかな薫風を感じる窓外の景色は 心を優しく解してくれるようで時がゆったりと流れていくような気持ちになります

 2階のカフェ席は 満席というわけではありませんが他のお客様もいらっしゃっていました コンクリート打ちっぱなしの高い天井 贅沢な空間の効用か会話の声も密やかに音量も控えめで気にならない程度 この次はゆっくりと食事を楽しませていただきたいです

 来し方行末なんて 夫婦揃って柄にもない会話をしているうちにオーダーした物が届きました 冷やした焼きリンゴは 酸味と自然な甘味が わずかに残ったシャリっとした食感と相まって口の中に広がる うんと肯く女房殿 あんことアイスが好きな彼女 かき氷やアイスには一家言お持ちの女房殿 その表情を見れば わかります 誠にプライベートな 役にも立たない評価でございますが 間違いございません 絶品のスイーツです 篠栗まで来てご賞味ください