お詣り4/19

まどかさんの足の怪我を聞いた時に思い浮かんだのがこの場所 新大宮バイパスをご利用していらっしゃる方は思い当たるところがありませんか?

上りを走っていると与野ランプを過ぎて左に見えてくる与野公園(取締りの名所としても有名らしいです) その手前に大きな足の看板 

新大宮バイパス沿いに見える

仕事を早めに切り上げ 与野公園に車で向かいました 駐車場は神社には一台分しかないとのことなので公園の駐車場に停めました 事前のリサーチではほど近くにある円乗院に縁がある由来で創建年代は不詳ですが祭神は大国主命ということ 地元では権現様と呼ばれていたそうで いつからか足の具合が悪い時は 権現様にわらじを奉納すると良いと伝えられてきたそうです

毎年五月八日にお祓いをしてくれるそうです

せっかくおうかがいさせていただくのだから わらじを奉納することにしていました ご近所の「呉服の大木」(文頭地図参照)に奉納わらじがあるということなので歩いて向かいました

公園を通り抜けて5、6分で到着 わらじセットは1200円 わらじ一足と奉納する際につける布がセットになっています お店の方がとてもご親切にしてくださって「これから行かれますか?」「じゃあここにおところとお名前を書いて」筆記用具まで貸していただいて 来たる5/8に神楽があってそこでお祓いをしていただけることを教えてくださり 布に日付を入れておけばその時に取り外さずに残しておいてくれるだろうからと日付まで入れてくださいました

奉納わらじ 1200円

大国社に取って返し 早速わらじを社殿に奉納 社殿の正面はいくつもの奉納わらじで埋め尽くされておりました まどかさんの怪我の快癒 そのための努力が報われることをお祈りしてまいりました 

社殿にはわらじが

宮司さんのいらっしゃらない御社でありますので御朱印や授かり物はございませんが 住宅街の路地奥にあって 神聖な気持ちになってお祈りすることができました

足の怪我で辛い思いや悔しい思いをすることもあるだろうし 早く舞台で輝く笑顔を見たいという思いはございます 「頑張ってね」「早く治してね」の言葉と同様でただ不安や焦りを煽ってしまったりしないだろうかと一抹の不安もございます 老婆心ながら とか 気休め程度くらいに受け取ってもらえたらなあと思っています 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください