聖地巡礼その2 

ピアノアルバムのティザーが発表された時に パシフィコ横浜で開催されたCP+に駆けつけ本編とメイキングを観た方もいらっしゃると存じます 公開されたティザーではまどかさんがピアノを弾く洋館と思き建物の室内が一瞬映し出されますがその場所を特定できません

本編 メイキングには複数の登場人物とロケーションがしっかりと映し出されておりました 建物の名前は「睡鳩荘」とわかります 自分はその名前もですが外観と背景の景色に思い当たる節がありました 軽井沢長倉交差点近くの人工湖「塩沢湖」の辺りに立つ旧朝吹山荘とも呼ばれる瀟洒な別荘を思い出したのです 

湖畔に立つこの建物が「睡鳩荘」

軽井沢タリアセンという施設にあり 内部も公開されています 仏文学者朝吹登水子さんのお父君朝吹常吉氏(帝国生命や三越の社長を歴任)の別荘でかつては旧軽井沢にあったものを2008年に移築したものです 松たか子さんが出演されていた「カルテット」というドラマの第一話で記念写真を撮るシーンで主人公4人の背景に写っています

室内は昭和初期の建築とは思えないほどモダンで洗練された作りになっています 設置されている家具も重厚で現在の合板多用の家具には出せない趣を醸し出しています 1、2階の各部屋は撮影可能でした

公開されたティザーに写り込んでいる暖炉を見る限り1階応接室での撮影と思われますが メイキングなどが公開された時にまた検証してみたいと思います

背景の暖炉は先の4枚の画像一番左上の1階応接室の奥にある

観光施設ですのでお土産品も多彩でしたが「睡鳩荘」のペーパークラフト(5000円)には興味を惹かれましたが生来の不器用な人間に繊細な工作は無理そうなので断念しました

ボートや遊具も点在 人造湖とはいえ雄大な浅間山を背景に1日を過ごすのも楽しそうです 今回は自宅の手入れの業者さんに作業スペースと駐車場所を用意するために車を動かす目的で1日ドライブとなりました 若い頃に散々出かけた軽井沢をティザーに見出した時 行きたくて行きたくてウズウズしてたので念願が叶いました 発表あとの握手会で軽井沢だよねと確認した後で「カルテット」でも使われた場所だよって伝えた時の嬉しそうな笑顔 思い出します

軽井沢の行き帰りといえば碓氷バイパス 上信越道なんてない頃 女房殿と二人ドライブした頃も思い出せて幸せな1日でした そして碓氷といえば 峠の釜めし 今日も横川のおぎのやによって釜めしいただいてまいりました

5月が目前の碓氷峠には名残の桜が点在し 緑が濃くなりつつある山肌に霞のように薄桃色が広がる車窓は何よりのご褒美でした 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください