9/22 23 AKB48サステナブル個別握手会@パシフィコ横浜

9/18に発売となったAKB48「サステナブル」最初の握手会に参加してきました 会場はパシフィコ横浜ということで両日ともに車で往復いたしました 

初日 3部 2ショット写真会 先日のSHOWROOM配信で妻の誕生日が近いのでメッセージをとお願いした時のお礼を伝えました 赤レンガ倉庫(徒歩10分程度の新港地区にある)で開かれているパンフェスに行ってきたことも話題にすると「どんなの売ってるの?」「良いなあ」と嬉しそうでした

ポニーテールが可愛らしい

4部のご来場認定カードサイン会 6部の川柳カードサイン会も参加 そして7部再び2ショット写真会 かき氷を食べに愛宕の「岩井屋」さんへ行った話

「車で行ったの?」まどかさん「うん」「歩いて登ったよ 室見の駅から歩いて」「え、嘘でしょー」「ほんとだよ」「どれくらいで」「20分くらいかな」会話が途切れないように気をつかう必要はないくらいの会話の運び方に助けられいます

二日目 2部と4部に参加しました

2部 自画像カードサイン会 メンバーが自身の自画像を描いたカードにサインをいただくというものでめでたく抽選イベント当選

シンプルで柔らかなタッチ

4部は2ショット写真会 食事にいくという話をしたら「良いなあ 何食べるの?」と食事の話だけに食いついてきます(まどかさんゴメン)「和食だよ」「良いなあ 行きたい」「え、だってパンが好きなんだよね」「和食も好きだよ、洋食だって…」言い募る姿がもうたまらなく可愛らしい 「一緒にいく」「女房もいるけど良いの」「やめたら一緒に行こう」「そんなこと言わないでディナーショーまたやろうよ、本人も一緒に食べる ね!」「うん」ここで終了 

可憐なお姿をどうぞ

なるべく楽しい話をと思ってお話しさせていただきますが 合いの手や質問のタイミング 表情や仕草に誘われるように会話を楽しんでいます まどかさんとの握手会にいらしたことのない方 ぜひ一度ご一緒しましょう

こんなことも話したかったなあとかあれはやめとけばよかったなあとかいろいろ思いながら帰るのも 笑顔や仕草を思い出してニヤついて またすぐに会いたくなるのも毎回のことです 次は長崎でのツアー ステージでの彼女を応援したいと思います 

室見川再び 聖地巡礼

前日の篠栗探訪に続き Chou会(ロビー鑑賞)までの時間で何処かに行こうと検討 タイムリーな場所ということで「かき氷納め」に愛宕神社側の「岩井屋」にうかがわせていただきました

事前の検索で以前うかがった「珈童 愛宕店」さんの近所 そして愛宕神社さんの前にあるということでもう安心してしまったのですが これが後々の悲劇の始まりでした 上記の地図を見れば分かる通り小高い丘にある愛宕神社さんの参道にあるということはそれなりの坂道を想像できるのに…

地下鉄室見駅を降りて 室見川を渡り愛宕交差点を目指します 「愛宕神社」さんの案内板の脇道を曲がると見えてきました結構な急勾配(^◇^;) まさかこの山道を登るの?

軽く息を切らして登り着いた坂道の上に急に拡がった道 正面に鳥居 左手の建物から「お疲れ様でした いらっしゃいませ」と明るい声が 

こちらが目指した「岩井屋」さんでした

https://www.instagram.com/p/B2WSx-dHGbI/?utm_source=ig_web_copy_link

店内に案内され 早速目的の「かき氷納め」 しばらくすると チリチリと音が聴こえてきて

いきなりの「映える」かき氷 そしてそのサイズにびっくり ちなみにお一人のお客様には「小」をお勧めしてますというお店の方の言葉が思い起こされます これが「小」? じゃあ「大」は洗面器にでも乗っかっているのかよって さらに「花火は最後にとってください」って淡々とおっしゃってくださいましたが もう そのビジュアルにびっくりする一方でした 味はというと上品な甘さの餡 程良い渋みの抹茶 舌解けの良い氷 三位一体のかき氷 今シーズンの大トリに相応しいお味でした

食べ終えて店外に出て 店舗正面の愛宕神社にもお詣りをしてまいりました 鳥居をくぐりさらに石段を登った先に本殿がございます こちらからは博多湾が一望できます 敬虔な気持ちでお詣りした後に海風にあたりながら眺めた風景 とても素晴らしいものでした

石段を降りると「岩井屋」さんの建物裏にも何かの表示が 読んでみるとそこには「愛宕山ケーブルカー跡地」の文字が… なんと西日本では最初 日本全国でも二番目に開業したロープウェイの山頂駅の跡地とのこと 

そう言えば思い当たる節が 私「福岡検定」中級試験合格の歴史 地図ヲタでございます その受験勉強で確かこの話を知っていたのです たとえ標高60数メートルの山でもロープウェイがあったような山に二日酔いで登るような無謀なことはしなくてよかったのに寄る年波はビックウェンズデー ほんと加齢は無差別攻撃を仕掛けてきます

好奇心に駆られて草生す山道に分け入り山頂駅の跡地に行くとそこには確かにコンクリートできた駅の基礎らしきものが 今ももしあれば結構な観光名所になってたかもしれませんね 室見川越しのももち浜 福岡タワーとかの夜景はとても素敵だと思いませんか?

まあこの無理がたったのがこの日 帰宅後こむら返りを起こして夜中に悶絶したのはここだけのお話でございます 

思わぬ絶景と美味な氷 敬虔な気持ちと盛りだくさんな聖地巡礼でございました 御朱印集めのための朱印帳を忘れてきたのは痛恨のミスですが次回福岡にきた際にリベンジいたします

祝 車窓から100回記念 

去る9月3日の放送で森保まどかさんが自身の番組「HKT48 渡辺通り1丁目 FMまどか まどかのまどから(FMFUKUOKA)」の冒頭一人語りのコーナー まどかのまどからの、まどかの車窓から」がめでたく100回を迎えました 

放送後の握手会でレンタカー借りて行ってみると話題にしたので今回HKT48劇場での復帰公演に当選したので この際 実践することとしました ということで今回の目的地は篠栗町「茶房 わらび野」です

復帰公演の当日 福岡空港でレンタカーを借りて出発 篠栗まではさほど時間もかからずに到着 不安なのは借りた車のナビに店はインプットできても詳細な道のりが収録されておらず近郊の公共施設への案内となったこと 案の定 ナビの示す道が私有地だったりとまず山道への入り口で迷いました

さほど険しい道のりではありませんが安全運転を心がけ山道を登り続けたのですが キャンプ場の辺りで車の通りがあからさまに少なくなったので通過を確信 きた道を戻って行くと路傍に駐車スペース その前に係の方がいらっしゃったので尋ねると間違いないとのこと 係の方が「ご予約は?」 とりあえずバタバタときたので不覚にも予約をしていなかったのでその旨を伝えたのですが それでも案内をしてくださいました これからという方はご予約をお勧めします

車を預けて 坂道を登っていざ店へ(この際に駐車場の係の方に何か札をもらうらしいのですが私は焦ってもらっていませんでした)山の斜面木立の中に瀟洒な建物 入り口ではお店の方がお出迎えしてくださいます

二層の建物は山の斜面を背にして遠く海を望むように大きなガラス コンクリートの打ちっ放しのモダンな建物 二階の喫茶室にはピアノ(土日には演奏があるそうです) 階下の談笑されてる方の声も聞こえてきますが ゆったりとした空気の流れているとても素敵な空間です ガラス越し 視界いっぱいに広がる風景を眺めながら寛ぐ至福の時間を味わえそうな場所です

着席してメニューを開いて ダッチコーヒー(水出しコーヒー)と冷やし焼きリンゴをオーダー 

https://www.instagram.com/p/B2ETGtzn92l/?utm_source=ig_web_copy_link

まどかさんのInstagram #madokamera_48 で拝見して気になっていたのでも迷わずにチョイスしたのですが 大正解 

ほのかな酸味と火を通してくどさの消えた甘味 冷やしたせいでしょうか口当たりが抜群の焼きリンゴ 香り高く コクのある味わいのダッチコーヒーはベストマッチでした 

店内にはピアノも置いてあり週末には生演奏も楽しめるそうです とてもゆったりとした時間の流れている空間で特別な日を大切な人となんてシチュエーションには最適のお店だと

夜は完全予約とのことだそうですが先述の通り駐車場の都合もあるので昼間でも予約をお勧めします 最後にInstagramで触れていた南蔵院さんにもお参りしてまいりました

9月15日 HKT48ひまわり組「ただいま恋愛中」公演@スカラエスパシオ

待ち望んでいたHKT48劇場公演にまどかさんんが帰ってきました 所属するteamKⅣ公演ではなく身体(膝)に負担の少ないと思われるひまわり組での復帰となりましたが 2018,11以来の HKT48劇場公演です 

劇場のアー写についた「出演」サインが誇らしい

先日のAKB劇場での「Chou会」を除けば今田さんの生誕祭以来の劇場公演 劇場運営のスタッフの皆さん 磯田さん 顔見知りの皆さん 優しくて 華やいだ空気 これこれ 馴染んだ劇場 まどかさんの復帰公演に入場出来る幸運に感謝して抽選を待ちました 

なんと5巡目の入場 下手五列目端を確保 久々の恋愛中公演だしまどかさんのポジションが情報不足で割と何も考えずに着席したのですが これがベストの選択でした

影アナはまどかさん いやがおうにも高まる気分 まどか推しのうちわなどの応援グッズを持っていらっしゃる方が多いことにもう気持ちが大渋滞で開演をひたすら待ちました

開演 メンバーと舞台に登場してきたまどかさん 緊張で顔が強張っていたりしないかと密かに心配していたのですが 笑顔 魅惑の表情 恵まれた四肢を活かしたダイナミックなパフォーマンス 清々しい歌声 一挙手一投足ごとにじわじわとそんな不安を拭い去っていきます ユニットは下野由貴さんと「春が来る前に」を披露してくれました 

背中に黄色い小さな羽根のついた衣装のせいか おとなしめの歌曲のせいか幼い感じに捉えられがちなナンバーですが まどかさんと下野さんと丁寧な歌唱とパフォーマンスはこの曲の70年代フォークソングのような側面を照らし出したように感じました HKT48の魅力の一つにこういう「掘り起こし」があるというのはあながち間違っていないと思うのですが オリジナル公演が未だにないという台所事情の副産物といえばちょっと寂しい気もします

アンコール 終演まであっという間の時間でした あおいさんの圧巻のダンス 下野さんの大人っぽい情感にあふれたパフォーマンス しなやかな動きで色香さえ漂うエミリーさん 艶やな動きで客席を魅了する坂口さんと栗原さん 何よりブランクを感じさせないまどかさんのパフォーマンス チーム混合のひまわり組での調和性の高さ 本当に楽しい夜でした 

劇場ウエルカムボードにはまどかさんの復帰を祝う言葉であふれていました

劇場への復帰を果たした まどかさん 活動の方向が拡がった秋 次のステージに期待が高まりますね

HKT48 12th「意志」劇場盤個別握手会@ポートメッセなごや 2019 9/7

HKT48「意志」の握手会の日程 最後ポートメッセ名古屋での開催でした 車での往復に決めていましたので5時ごろに自宅を出てC4,E1,E1Aと乗り継いで名港中央ICまでおよそ5時間(休憩 朝食時間も含む)で到着 今回驚いたのは駐車場 インターを降りてそのまま駐車場入り口に繋がっていたこと 前回の時は確か結構迂回しないと駐車場入り口にたどり着かなかったような… まあ分かりやすく便利なので助かりました ちなみに休日最大料金1500円とお安めの料金設定もありがたいです

今回も2,3,4,6,7,9,10部の開催ですが日帰りの予定だったので 3部4部6部だけの参加となりました

3部 一昨日のラジオで触れていたお店 自「わらび野茶房遠そうだね」ま「でしょ 流石に聖地巡礼もなかなか行けそうにないでしょ」自「今度福岡に行ったらレンタカー借りて行くよ」ま「本当に?」自「後南蔵院も」ま「あ、良さそうな場所でしょ行きたくなるよね(笑)」 

今日のコーデ

4部 長崎のツアーへ向けてリハをしたとのことなので 自「長崎も行くよ」ま「ありがとう 楽しみだね」自「何に出るの 何の役?柱の役とか」ま「何だろうね」自「セリフあるの?」ま「みゅん(笑) 昨日リハしてきたよ」自「それじゃ 何に出るのかわかっちゃうじゃん(笑)」 ささ 長崎のツアー 例のコーナー 更なる疾風怒濤の展開が期待できそうですね

6部 家内の誕生日が近いことなどよもやま話をさせていただいて本日の握手終了としました 思慮深さを窺わせる表情 輝くような笑顔 優しいアプローチの語り口 どんな姿も魅力的ですが握手会でのまどかさんにぜひ皆さんにあっていただきたいと思います 文章力 語彙の少なさがもどかしいのですが 一度あってみていただければ間違いなく彼女の魅力がわかっていただけると思います 

8月31日 HKT48九州7県ツアー〜あの支配人からの、卒業。〜@鹿児島市民文化ホール

森保まどかさんは 初日福岡以来の参加となるツアーということで二度目の鹿児島行ってまいりました

羽田空港南ウイングで恒例?二度目の朝食

当日の移動というところで不安がよぎりましたが いつものことですがまどかさんのステージに立つ姿を観ることが目的なので最悪開演に間に合えば… 案の定 搭乗後になかなか動き出さない 結局10分近くの遅延で出発 東京はシェードを下ろさないといけないような晴天でしたが鹿児島はまた雨 ノーアンブレリズム(傘持たない主義)の自分に新たな不安要因が発生しました

雨のエアポート あれデジャヴー

シャトルバスで鹿児島中央駅 宿に荷物を預けバス乗り場に バスは長い行列ができておりましたがなんとか乗車 案外時間がかかり会場到着したのは開場直前でした 心配していた雨もこのころには止んでおり会場からは雄大な桜島が一望できました

会場ロビーからの眺め 素敵なロケーション

昼公演も夜公演も私は一階後方ぬ列(50音順の配置)で昼は下手側の座席 恒例のセレモニー 怒涛の展開が続く寸劇 バラエティーに富んだセットリスト とても楽しい時間でした まどかさんは参加曲自体が絞られている状態でしたがリハビリ中ということを考えれば一気に無理をさせられないというのが正直なところなのでしょう 先日「Chou会」で劇場復帰とはいえ十全とは言えないのに 圧倒的な存在感と相変わらずの魅惑の表情 佇まい そして何より華やかな笑顔 そう 自分はこの笑顔に会いに来たのです

撮影可能タイムでのまどかさん 画像はともかくご本人の笑顔をご覧ください

閉演後のお見送りは2レーン 迷うことなくまどかさんがいるレーンに並びました 閉演後で疲れている中 立ちっぱなしでのお見送りでしたが 笑顔で「わざわざありがとうございました」と先日のInstagramストーリーズでの22歳の目標と触れていた丁寧なことば遣い 早朝の出発からあっという間の1ステージ終演でした

合間や開演までの時間にお付き合い頂いているまどらーさんたちとのご挨拶や会話を楽しませていただきました 相変わらずの紳士淑女 そして何よりまどか愛の強いみなさん みなさんとのお時間とても楽しく 光栄な時間でございました またいずれかの会場で

物販では会場限定ボンフィンと新商品のスティック付キーホルダーを購入 最近物販のコーナー手書きのPOPとか目立つような気がしませんか こういい手作り感やセルフプロモーションが会場の雰囲気を優しいものにする一助になっているのでしょうか HKTの雰囲気は特別のような気がします 若い女性が多い公演会場とかの殺伐とした風景を一度目の当たりにしたことがあるのでこういう雰囲気は大切にしていきたいと思いませんか

夜公演は上手側に着席 寸劇は再演 セットリストは切り替わっていました 短い間にレッスンを繰り返しステージをこなすメンバーの皆さんの努力に敬意を そしてその成果であるステージ目一杯 楽しみました 早朝からの移動 昼公演とかなり老軀に鞭打って(もうボンテージのお姉ちゃんが…失礼)来たので喉も腰もフラフラでしたが精一杯のコールを送らせていただきました

ツイン村重ならぬツインのもりぽ 可愛い

終演後のお見送りで「楽しかった? 自分はとっても楽しかったよ」笑顔で頷いて「遠路はるばるありがとう」 もうこの一瞬で楽しさが昇華 鹿児島の夜 とても幸せな夜でした 

鹿児島中央駅 夜

皆さん まどかさん ツアーへの参加は長崎ブリックホールです もちろん参戦いたします 当日券などアナウンスはありませんが もし機会があればみなさんいらしてみませんか HKTのコンサート ぜひ 大きな声でコールしましょう