聖地巡礼 弐ノ弐 鳥鶏研究団

  • 弐の弐 川端店
  • 鳥鶏研究団

11月25日のHKT48 8周年前夜祭の後に宿までの道すがら上川端商店街の櫛田神社に近い方にある弐ノ弐に寄らせていただきました

およそ5ヶ月前のInstagram ストーリーから

おそらく 天神の方のお店に行ったのでしょうか 同じお店ということで聖地巡礼(準)ということでご容赦願います とにかくほろ酔いというほどではないのですがアルコールで箍(たが)の外れたままで叫び続けた喉が水分を欲していたせいで 定番のとりあえずの生 そして 餃子 叩ききゅうりをオーダー

撮影を忘れて 飲み 食らいついた結果

餃子は小ぶりな薄めの皮 をパリッと焼き上げた一皿7個250円 冷えたビールに熱々の餃子 この方程式にはスピードが必須 このお店はこちらが及第点 結構混み合っていた時間なのに待たずにサーブされました もちろん味の方も大満足です 
ほとんど枯れ上がっていた喉にビールが滲みまくって痛い でもその痛みが快感というかたまらない 皆さんはどうですか 是非ご一緒しましょう

翌日 11月26日 8周年当日はロビー鑑賞の予定だったので昼ごろまでは手持ち無沙汰だったので 先週のFまど 車窓からでも紹介されていた 鳥鶏研究団さん(発売中の九州ウォーカーの取材先)に行ってみよう

博多駅博多口を出たら左にKITTEの前を進みます 博多駅前三丁目の交差点を渡って右折 代ゼミの先を左折 人参公園 消防署の前を過ぎた先が目的のお店です 

お店はちょっとおしゃれなカフェ風の外観で目立つような看板はないのですがランチのウエルカムボードなどが出てすぐにわかると思います

入店して左手に販売機がありますのでこちらでメニューを選んで購入してくださいね 開店したてのお店は比較的空いていました メニューは「九州ウォーカー」でまどかさんが食べていた塩ラーメンをチョイス サイドメニューに唐揚げ3個を

福岡といえば豚骨ラーメンなのですが 齢59 流石に油っぽいものが厳しいお年頃なのでこちらのようなメニューは嬉しいです
生姜の効いたあっさり系のスープは最後まで一気に飲み干してしまいました 麺やトッピングもスープにあったもので御同輩の方々 お勧めですよ 豚骨もいいけど塩もね! あ 唐揚げ 揚げたての熱々が出てきてこちらも小ぶりながらジューシーなものでさすが 博多地鶏を骨まで味わい尽くせるお店でございました この次は是非夜に伺いたいと思います 皆さんどうですか 本当にご一緒しましょうよ(ただただ 楽しく飲みたいだけ)

8周年だよ!HKT48の令和に昭和な歌合戦~みんなで笑おう 八っ八っ八っ八っ八っ八っ八っ八っ(笑)~@博多座 25 Nov. 2019

今年の周年記念イベントは博多座での歌謡コンサートとのこと ↑のタイトルも併せて支配人さんの趣味だなどと言われておりましたが私としてはほぼon timeのヒットナンバーを歌うメンバーの姿や博多座というロケーション(かつての指原莉乃座長公演に明 博併せて10回通った自分にはあのちょっとゆったりした観劇スタイルが嬉しい)に心の琴線を揺さぶられて即申し込み 周年記念公演も考慮して2泊3日の福岡行きが決定です
席は2階席4列目ですがそんなこたぁ 問題じゃない いざ福岡へ(ちなみに周年記念公演は全落)

博多座の入り口には総合司会を務める下野由貴さんの晴れ姿をフィーチャーしたデジタルサイネージが煌々と輝いておりました
早速 人気の指レンジャーステッカーの購買列へ 是非とも欲しかった「1月29日にソロピアノアルバムを出す人(天使)」を運よく引き当て幸先の良いスタート 気分が上がったので(すごく単純)グッズ売り場にて タオル 個別キーホルダー(もちろんまどかさん) と 生写真を購入 生写真にもまどかさんが一枚入っていて ちょっとご機嫌
博多座正面でお付き合いいただいている皆さんと情報交換やら何やら喧々諤々 とても楽しい時間でございました 

缶バッジも買ってましたね ハハ…

開場後 入場 2階客席ロビーに上がると何やら正面から声が「太巻きをお買い求めの方は」
え、何?と思ったけど 腹が空いていた所為もあって購入列へ よく見るとお品書きがメンバー手書きとのこと 早速一本 購入 2階席ロビーのソファで開封

丁寧な構成 さすがの理子ちゃん

理子ちゃんのお品書きは彼女らしい 細やかな心遣いと丁寧な書き込みで思わず ニンマリ そして肝心の太巻きはボリュームたっぷりの本格派 とても美味しくいただきました

喉も潤したくて ロビー内のお店をブラブラ スタンドでサワーを見つけ 店員さんのお誘いに乗ってついつい購入 じっくりと味わってしまいました これこそ観劇スタイルの醍醐味 へへ(^^;;

注目のコンサートは文字通りの歌謡コンサート 名曲の数々とThis is HKTのMC こういうコンサートというか歌謡ショーは彼女たちの強力な武器だというのが改めて感じました
まどかさんは 浅香唯のC-girlのセンターで 杏里の悲しみが止まらないをChouで披露 C-girlでのキュートさは抜群でアメリカングラフティのヒロインが飛びたしてきたような衣装も素敵でした

この衣装で歌い踊る姿にやられてしまいました

他にも エミリー 紗英ちゃん 葉月の「星空のディスタンス」Lit Charmの「Cat’s eye」も良かったし理子ちゃんの「17才」もチャーミングでした

デジタルサイネージの姿そのままに冒頭にセリから登場したしなもんの司会ぶりも素晴らしく 気遣いやユーモアに溢れた進行は堂々としていて 舞台の上を縦横無尽に暴れ 場を盛り上げまくっていたあーにゃとの二人がこの日のコンサートを成功させた最大の功労者だったといえます

色々とご意見はあるのでしょうが コンサートを観たものとしてはとても楽しい時間でした まさに前夜「祭」と呼ぶにふさわしい3時間弱だったと
そして恒例のお見送りは全員で 正直ドラフト三期あたりから怪しいのですが 可愛らしい笑顔に見送られるのは嬉しいし もちろんまどかさんの笑顔に会えたのが一番です

翌日の記念公演はロビー鑑賞でしたので詳細なレポは上げません メガネを外し目を擦り続ける方 推しの名前を呼び続ける方(見つけたとか ああカメラ越しだから見つかるのは当然なのに) 過去の推しとの関わり合いを自慢する方 まあカオスですよね 結局いろんな楽しみ方があるんだなと実感しました そしてHKT48のファンの熱さと優しさに満ちた空間にいられたことも嬉しかったです

8周年おめでとうございます

今回 2箇所ばかり聖地巡礼もしてきましたのでこちらも更新させていただきます

AKB48「サステナブル」劇場盤発売記念大握手会@パシフィコ横浜 23 Nov.

雨の休日 パシフィコ横浜で開催されました個別握手会に行ってきました
所用がございまして 圏央→関越で練馬に寄って環八→第三京浜を使ってパシフィコの地下「みなとみらい公共地下駐車場」に着いたのが8時半過ぎ 第3部セットリストカードサイン会の開始が13時半 と毎度のことながらお早い到着 まずは仮眠zzzz そしてスターバックスで朝食を

雨の横浜

第3部 セットリストカードは落選
「おはよう」
「ありがとう」
「熊沢世莉奈さんの強烈なヲタクさんだ」
「え?」(少し笑ってる)
「博多座 観劇の1日目後ろから見てたよ キャーキャー言ってたじゃない」
「お恥ずかしいところを」(笑ってる)
「明後日の博多座行くね」
「うんありがとう」
シンプルな装いにポニーテール 輝く笑顔に引き込まれそうになるのを堪えて退出

https://twitter.com/madoka_726_hkt/status/1198205676809408512?s=20

次は最終第7部 開始は18時半 雨も降っていたので足も伸ばさず みなとみらいをブラブラ 気になっていた本やアイテムをチエック 蕎麦屋で蕎麦を手繰って一休み 雨とはいえクリスマス間近の週末ファミリー連れで賑わう街
子供たちが小さい頃を思い出すなぁ

クイーンズタワー2階

第7部2ショット写真会 優しく素敵なまどらーさん達とのご挨拶や情報交換などをしながら待機列へ 結果は一枚当選
「実は数日前誕生日だったんだ」
「えっ おめでとう」(可愛い笑顔)
「女房がピンクのトレーナー買ってあげようかっていうんだ」
「ピンク?」
「来年還暦だからさ、今年はピンクだってさ」
「面白い」(手振付きで笑ってくれる)
「結局 4000円もらってさ インフルエンザの予防接種に行ってきたんだけど…」
お馴染みの「お時間でーす」
「問診でアルコールって言葉が(消毒のアレルギーの有無を尋ねる例の質問)聞こえたんでさ」
はがしに引っ張られつつ
「好きですって言っちゃったんだよ」
「お酒のことだと思ったの(笑))
眩しい姿に見惚れてというかボーッとして話が尻切れとんぼになりかけてとの退出でした

おめでとうって言ってもらえてご満悦の自分ですが笑顔になっていないのが寂しい

帰りは 横羽線→羽田線→都心環状→5号線→中央環状→6号→東北道→122→16→17とナビの渋滞回避誘導にのっての雨のドライブでしたが順調に2時間くらいで無事帰宅できました
年内最後の握手会という方もいらっしゃたのですが盛況なレーン 輝く笑顔に満たされた森保レーンは本当に楽しい空間です 迷っていらっしゃる方 握手会だけじゃなくイベントや劇場公演 ラジオ SNSなど交流の機会はたくさんありますので是非一度 のぞいてみませんか

14,15 Nov. 2019 聖地巡礼と

  • 鈴懸本店
  • シャポー土居町本店
  • パンとエスプレッソと博多と

今回 博多座観劇に伺う際に まどかさん聖地巡礼をいくつか行ってみたいと思っていました そして実際に伺ったのは上記リストの3箇所でした 最後の「パンと…」さんはまどかさんが行ってみたいとおっしゃていたお店なので正しくは聖地巡礼とは言えないのですが宿の至近であること 前に伺った際は女性のお客様で混み合っていて画像を撮影できなかったこと この二点の反省を踏まえての訪問です 何卒ご容赦ください

店舗外観 はかた駅前通り側から

パンとエスプレッソと フツウニフルウツなどのお洒落なパン店を全国に展開する日と々とが博多にパンとエスプレッソと博多とを 開店 
ムーというバターの香り高い食パンが人気のこのお店 食パン好きを公言している我がプリンセスが行かない訳が無いとかねてより注目していたのですが 前回ツアー千穐楽と生誕祭に伺った際に宿泊したホテルの階下にあったので推しのレポを待たずにフライング 人気のお店 お昼時 当然女性のお客様で賑わうお店でムーめんたいを食べるだけで精一杯という情けない結果でございました ムーの豊潤な香りとめんたいの組み合わせは稚拙なレポより味わっていただいた方がよろしいかと存じます

さて今回フライング2 リベンジは当然 もう一つの人気メニュー フレンチトーストをチョイスする心算でございましたが店頭のメニューにサバサンド 魅惑の五文字を見かけてしまいました そういうわけで選べるサンドウィッチのパニーニセットをいただくことにしました

エスプレッソはデミタスカップ(ほんとに小さい)で供されます

明るい店内 厨房が見えるカウンターに陣取りました 厨房での作業を笑顔でこなす店員さんたちをみていると幸せな気分になります 
やがて デミタスカップにエスプレッソが注がれてまいりました 濃厚な舌触りと豊かな香り 少量ではありますがまさにコーヒーのエキスを味わえる本格派です

香ばしい小麦の匂い そして身の厚いサバをサクサクに揚げてあります

続いて 「サバサンド」 揚げたサバの身から噛むたびにこぼれる旨味と磯の香りを包む酸味の効いたフィリング そして香ばしいパン こちらをチョイスしたのは大正解でした 大きめのサンドイッチを頬張って エスプレッソでほっと一息つく なんて贅沢な朝でしょう 丁寧な接客と店に流れるゆったりとした雰囲気もとても幸せな気分にしてくれました

ご本人のinstagram madokamera_48 からです

続いてはシャポー土居町本店に開演前の時間を利用して伺いました 一人で伺ったので画像はコーヒーのみとなります ご容赦ください

博多座のならびに店を構える 帽子のロゴマークが目印です 入り口正面のショーケースには美味しそうなスイーツが並びますが お腹いっぱいでしたのでコーヒーをオーダーしました 懐かしい感じの店内 背後に博多駅を描いた絵のある席にも座ってきました メニューも豊富で居心地の良さそうなお店です 観劇や川端散策の際には是非お寄りください

クリームはホイップ(画像の左上隅に)が別に用意されます

そして 観劇後には博多の老舗 創業九十余年 鈴乃最中で有名な鈴懸本店の喫茶室に向かいました 上品な和菓子が並ぶ落ち着いた店舗にある喫茶室ではその和菓子などをいただけます ランチメニューなど食事もありますが数も限られているようです 
今回は 安納芋のぜんざい をいただきました お茶とのセットで 甘味処の定番塩昆布も小皿で供されてまいります ホクホクでいやらしいところのない甘味の安納芋がトッピングされたぜんざいは上品な甘さと小豆の歯触りが心地よく 男性の(かなり度数の上がったアルコール好き)わたしでも飽きることなく最後まで美味しくいただけました

甘味が足りないと思う人は塩昆布で口を休めるといいですよ

まどかさんの発信を追ってのこの散策 皆さんの情報もとても刺激になります 皆さんのお話も是非 伺わせてください まどかさんのセンスはまず間違いがないので拙文などより 皆さん是非 この三軒 行ってみてください

14 Nov.2019 博多座開場20周年記念 AKBグループ特別公演

仁義なき戦い

あの「仁義なき戦い」をAKBが舞台化 不安がよぎりました 男臭い 古臭い あの世界観を演じる  ステージでの 度胸やスキルには過不足はないのかもしれない でも演技は未知数というかどれだけのブーストをかければいいのだろう… HKT中心というよりAKB主体の配役ということで少し安心したというのが正直なところでした 活動の基盤となる街で それも大きなハコでの失敗がどれだけのダメージを彼女たちが引き受けなければなくなってしまうなんて思っていました(ごめんね 一生懸命稽古を積んでいたメンバー達には合わす顔がありません)
そして世の中の拒絶反応に追い込まれてしまわないのだろうか これもまた杞憂に終わりました AKBへの関心 注目度が薄くなりつつあること 「仁義なき戦い」という一時代を築き上げた名作も同様だということなのでしょうか 主役の交代劇というセンセーショナルなアクシデントさえ さほどの話題にならないという事実が図らずもその裏付けをしてしまったというおまけ付きでした

案の定 チケットは売れず 客寄せのための企画が矢継ぎ早にというか五月雨式に投入されていきました その一つというか第一弾として 物議を醸した例の施策メンバーと観劇できる権利(敢えて発表当時の名称は使いません→その名前を見て喜んだのは事実ですが額面通りの期待など1ミリもしません…ここの顚末に触れる気は無いので省略)にまどかさんの名前が上がりました もう興味もなかったこの公演のチケット購入を即刻決意したのは まどかさんの名前が上がったこの企画の応募が少ないのはダメというのが理由 当たろうと当たるまいと○ー○ができようができまいがいいや 
ロクに特典内容を確認せずに応募しました

そして当選 無論 福岡行き決定 さらにバックヤードツアー当選 えっ? そう同日同公演の特典は2つあり どちらが当たるかは選べない 五期研究生とのバックヤードツアーが当たりました まどかさんとの観劇はぁ(泣)
舞台を見つめる横顔を はしゃぐ姿を 拝めるかもしれないなんて思っていたけど  まあ あの博多座のバックヤード見れるんだし
HKTのメンバー(それも五期研究生は除いて)くらいしか名前と顔も一致しない舞台を観に行く事になりました

お馴染みの幟旗 今回はグループ名のものだけ

ロクに何も知らずに(「仁義なき戦い」は世代というか一応映画館で観ています)当選権利の受付を済ませた後 入場待機列へ 入り口でポストカードをメンバーからいただける事(そのメンバーのサイン入り)さえわかっておらず NGT本間日陽さん(誰だったかもその時はわかりませんでした 本当にごめんなさい)の素敵な笑顔に迎えられての入場となりました 
階上に登るとポストカードの表面に何やら張り付いているのに気づきました そこには2ショット(チェキ)当選 
HKTのツアーでも行っていたような企画がここでもあったんだ まったくの不意打ち 受付にいくと出演メンバー誰とでも とのこと(心中 観劇メンバーもいいじゃんって思ったのはご理解いただけるかと存じます) そこで 当然 まどらーとしては 熊沢世莉奈さんの一択ですよね 

舞台の後の楽しみに気がいってる状態での開幕でした お馴染みのあの音楽 先の戦争後 広島を舞台とした話  混沌と沸騰 セピアカラーに無理な着色を施したような彩色の世界観をよく舞台上に再現していたと思います 博多座ならではの大がかりな舞台装置や映像を多用した効果 妙な男装に拘らず潔い出立の衣装 開演前のネガティヴな色眼鏡が一枚また一枚と剥がれてゆきます
熱のこもった演技も空回りするようなこともなく 展開を知っている自分でもハラハラしながら引き込まれていきました 一点気になったのは暗転の多用のせいで引き込まれていた感情や関心が断ち切られてしまう場面があったことです 複雑な人間関係や後半の怒涛の進行を一つの舞台上で観せるにはしょうがないことだと思いますが もっと簡単な舞台装置やセットだけで演劇を繰り広げる小劇場もありますのでちょっと残念でした

HKT陣の舞台上での活躍は特筆すべきものでした 坂口理子さん 田島芽瑠さんの熱演もそうですがアンサンブルメンバーもなかなかたいしたものでこの舞台には欠かすことのできない存在だと思います 熱心な稽古の成果 ぜひ観てあげてください 私のような年代のものにはあの「仁義なき戦い」では無いと言う方がいらっしゃるとは思います その通りで演者や演出家 ましてや今回は映像を舞台にしたものですからね アニメ「ライオンキング」四季「ライオンキング」実写版「ライオンキング」を同じものとは言わないのと同様などとは言わないけど あの名作にインスパイアした別作品と捉えても良いかもしれません 

第二部はAKB劇場公演を思いついたきっかけ「劇団あんみつ姫」演出によるレビュー48 趣の違う公演 宝塚ばりの衣装で登場したり まああれこれと楽しませていただきました 大きな舞台 特に奥行きのあるステージや高いセリを使った演出も迫力がありました そして最前列でまどかさんが舞台上の熊沢世莉奈さんに引きつけられていること レスをもらってはしゃいでいるのも遠目にではありますが拝むことができたこともここに記しておきます

終演後のお楽しみへのご案内は 博多といえば そう磯田さん 海中での野外ライブでの規制退場での鮮やかなお手並を思い出します 手際の良い誘導であっという間に博多座の舞台上に上がっていました 登場した五期研究生の五人 一生懸命に辿々しい自己紹介をした後 カンペを手に交互に舞台装置を交互に紹介する姿はとても愛らしく好感が持てました そしてこのツアーの見どころ 盆 で回る 盆とは公演でも多く使われていた博多座の大きな特徴の一つ回り舞台のことです 博多座はオーケストラピットなどの大きな施設を全て備えた全国で唯一の演劇専用劇場で大きなステージはかの「ミス・サイゴン」で舞台にヘリコプターを置くことを考えてとのことで 当然その「盆」は直径の大きなもので14メートルもあるそうです 実際に周りだすとやはり外周部での遠心力は結構大きなものでした この中で演技やパフォーマンスを繰り広げた彼女たちって そしてかつて明治座この博多座のステージを完走したHKTの少女たち
そして 客席からの退場は花道を通ってという大サービス 人生で最後にして最も華やかな花道(最も観客はいませんが)なんてほんとに もういい土産話が(どこの 誰に だからロートルはダメなんです) 退場するまで大きな声で何度も送り出してくれた 博多の五人のリトルプリンセスありがとうね

そして お待ちかねの2ショット撮影 はい お見送りの後そのまま 整列呼び出されて パチリ 相変わらずの可愛らしさ せりーぬこと 熊沢世莉奈さん
「頑張っていたね カッコ良かったよ」
「ありがとう」
「前夜祭も来るからね」
と楽しい1日を終えました

びっくりするくらいの顔の小ささと手足のバランス 比較対象が分かり易いので際立ちますね