HKT48 THE LIVE~STUDIO LIVE SONG VOL.2

 先日 1回目の配信でサプライズで登場したまどかさん アーカイブで拝見し キーボードに向かう姿に喜んだものの感想めいたものをまとめるのにはいたりませんでした
 その後のショールームでまどかさん本人が HKT の現状について触れ いろいろ新しい動きの中で戸惑う様子が感じ取れたこと(もちろん露出の機会が増えたことに素直に受け入れてる健気な発言もありましたが)もあって この配信限定公演をどう捉えていいのか迷った性もありました

 今回はリアルタイムで拝見いたしました 前につく映像部分が更新されて 今回の水害で被災された方への哀悼 「掌が語ること」を冒頭に歌唱していましたが かつて旧劇場に通っていた頃この曲をよく歌ったことを思い出して泣きそうになりました

 歌唱メンバーは前回より 声もしっかり出ていましたし表現もさらに感情が込められたものになっていたように感じました ただ向上の余地があるのは皆さんもおわかりだと そしてその向上の過程も彼女たちの魅力の一つであることも理解していらっしゃると思います このままの回数を重ねていけば素晴らしい物が出来上がっていくこと きっと もう何曲か披露楽曲が増えたり前段の映像がなくなったときにこの「LIVE」の真価が現れることになるのかなと 期待しています

  今回の公演 まどかさんは演奏の際に歌唱されていました「伴奏者」としての需要も理解していたので 演出側の意図か本人の思いからのものなのかは不明ですが いわゆる「弾き語り」について歌唱と演奏のバランスがとれない 難しいとおっしゃていたので(当日配信後のインスタライブでも触れていました)ついつい口ずさんだというところ辺りが正解なのでしょうか ただ無責任なファンの一人としては 彼女の弾き語りを聴いてみたいという思いは抗い難く 以前ディナーショーでチャレンジされていた「愛よ動かないで」とかを聴いてみたいなんて不遜な願いを抱いて止みません