久方の聖地巡礼 甘味処たきむら

 Instagramでの紹介 続いてFまど まどかの車窓からでも取り上げられた 中洲川端にある甘味処たきむらに行く機会に恵まれましたのでお伝えしたいと思います 併せて Instagramに載せられた機会にお店の見当をつけていましたが福岡に行く予定もなかったもので 関東で同じメニューを提供しているところを探したのですが意外に手近なところにありました 大手カフェチェーンコメダ珈琲店(業態が和風メニューに特化したおかげ庵)にも同様のメニューがありました このことをオンライン握手会でまどかさんに伝えたところ 食レポをとの話をいただいたのでここに載せたいと思います

 当方は埼玉県 駒沢公園のそばにもお店があったのですがあざみ野ガーデンズでの買い物ができるということで上記のお店を選ばせていただきました 
 国道17号 首都高 大橋JCT経由 東名川崎の道程は2時間程度 軽いドライブ もちろんナビシートにはあんこマニアの女房殿がお出ましでございます

 お店の入り口にあるショーケースに焼き台があり こちらのお店でも推されのメニューなのかなと思いつつ入店 休日の午前中 比較的空いてはいましたが若いカップルや小さなお子様連れのお客様がいらっしゃる店内に待たずに着席できました

 こちらで選べる味わいは 醤油 きなこ あんこの3種と合盛の三昧 さらには五平餅 いそべ餅 さらに焼き大福と豊富です 

 三昧とコメダといえばシロノワール(ほうじ茶のミニサイズを選択)を選びました 電熱で炙るため火力がばらけて焼き上がりにムラが出来がちなのでこまめに面倒を見てあげると美味しく焼き上がることと思います 私共はものの見事に失敗しましたので ぜひこの時間を楽しんで上手に焼き上げてください
 そして もう一つ大事なことをお伝えします それは… あの 申し上げにくいのですが焼き上がりは熱いです そう慌てて食べると口中がカーニバル 夫婦で大騒ぎ オーダーしたホットドリンクを口に入れてさらなる波状攻撃 悶絶したものの味は確かに美味しかったですよ 柔らか目の団子は素性もよく焼き目の香ばしさとフワッとした口当たりは焼き団子の味を一つ いえ 二つくらいのグレードアップをしてくれます

 選択肢が豊富なのでお好きなものを選んでじっくりと焼いてゆったりとしたひと時を過ごすのも これからの寒い季節にぴったりとしたくつろぎの時間かもしれませんね

 HKT48の新劇場 西日本シティ銀行HKT48劇場のオープンに伴い 始まった「博多なないろ公演」 その公演に幸運にも当選いたしましたので 久方ぶりに福岡に オンライン握手会でも話題にしたばかりだったので 早速伺わせていただくことに決めていました

 福岡市営地下鉄空港線「中洲川端駅」と直結した博多リバレインモールの地下二階に 甘味処たきむらはございます さほど迷うことなくお店は見つかりました 

 まどかさんが選んだ お抹茶とのセット スタンダードは千円でした 選べる味は みたらし きな粉 塩 あんこ 抹茶の5種類から3種を選べるのでお好きなものを 自分は塩 きな粉 あんこ まどかさんもお勧めしていた塩はだんごの食感や香ばしさももちろんですが上品な風味を際立て お抹茶との組み合わせはぜひ味わっていただきたいと 初めて抹茶を頼まれるという皆さんにはその甘みをわかっていただけると思いますよ

甘味処たきむら おしゃれで静かな店 他の甘味もぜひ楽しんでください

 濃茶は 甘さや苦味 そして旨味が楽しめます 作法などあまり気にせずにこういう時に楽しまれてはいかがでしょうか? 

 

博多なないろ公演 チームブルー/パープル2020年11月10日@西日本シティ銀行HKT48劇場

 待望の新劇場開場 柿落とし公演は九州内のみの入場制限ということ 正直がっかりはしましたが昨今の事情を考えれば大切な柿落としに何かあってはいけないですしリスクはできるだけ抑えるのが至極もっともな考え方です 運営のみなさんの果断に賛辞を贈るべきです

 その柿落としの日に発表された「博多なないろ公演」チーム編成を考慮せず 期別にくじ引きにより7チームに編成 チーム別のセットリストを各自用意するというもの 柿落としの後は何を と思っていたところへの不意打ち 青天の霹靂 なかなか面白いと思いました 注目のチーム分け まどかさんはなかなかの推しの強いメンバー揃いのチームブルー 兎にも角にも応募詳細が気になりました

 10日の公演で 9日の発表とかなりきつめのスケジュールでしたが「投げない」という選択肢は考えていなかったので応募 見事に当選 前日に飛行機と宿を手配して仕事も日程調整を済ませるという久々の力技が完了したのが夜の9時でした

 登場予定の便が機材トラブル 一本前に変更 バタバタと福岡に到着 まずは「聖地巡礼」Fまどでも紹介していた甘味処に こちらは別に書かせていただきます 久々の福岡が嬉しくてあっちをチョロチョロ こっちをチョロチョロとして天神からバスでいざ百道へ

 懐かしの歩道橋からの眺め

 Mark is シーサイドももちを通り抜け 劇場のあるBOSS E•ZO FUKUOKAの前は人手がないというほどではないのですが前日にシーズン最終戦を終えたばかりで閑散としています 嵐の展示イベントが開催されていたせいもあって館内は女性が目立ちました せっかく訪れたのでグルメとアトラクションを楽しむつもりでいたので まず3階のThe FOODHALLで食事 京都天ぷら 花いかださんで「豚ポン天丼」はカラッと揚がった豚薄切り肉の天ぷらとポン酢だれ 香ばしい香り 食感 さっぱりとした後味 お値段も手頃で大満足でした さて次はいよいよアトラクション 最初はコースターの「つりZO」をと思ったのですがえずがりな自分は滑り台の「すべZO」に挑戦 手続きが結構あるので係の方に確認してくださいね また手荷物はロッカーに預けることになりますので滑走中の動画は撮影できないと思います(両手が塞がります)展望の良い出発地点で滑走用の袋の中に入って Go!
 あっという間ですが半透明のチューブから見える景色や螺旋状になっている部分での内部に移るイルミネーションが高揚感を増してくれます 1回千円ですがBOSS E•ZO FUKUOKAに行った際にはぜひ体験してみてください チケット売り場でスマホを使っての手続きが必要となるのですがこの際にアンケートがあって来館の目的という項目があります 当然西日本シティ銀行HKT48劇場という選択肢もありますのでこちらも忘れずに せっかく同所にあるのですから建物全体を盛り上げてHKT48のファン ひいてはグループ 劇場にいい印象を持ってもらいたいです

 さていよいよ 劇場へ館内からエスカレーターを降りると正面に「西日本シティ銀行HKT48劇場」と大きく表示 続く通路の壁面にはアー写がチームごとに掲示されています 入館前の待機場所はここのようです

 劇場の入り口で当選メールと本人確認を行って入場です ロビーは右手がレセプションと物販 左手にテーブルと椅子 奥にステップがあって劇場への入場口 左側の奥で手前側にロッカースペースがあります ガチャのコインは物販で一枚500円 ロッカーのコインはロッカースペース手前の左がクロークでここで一枚300円で売っています 変わったところといえば当日公演の写真は事前に劇場への入場口手前で引換券を販売しており 終演後クロークで交換できます(現金での販売もあります) 現状入場待機列のない指定席でのチケット販売(レセプションでの購入の際にくじ引き)ですのでスペースにも余裕がある感じです(以前のような形に戻すとちょっと狭そうな気がします)

 開演時間30分前に入場開始 チケットと本人確認書類(身分証明証なんて未だに使うところあるけどNG)の確認を入場の際にするのでロッカーにしまわないでください 入場口からの眺めは広く 高低差もさほどはない感じ 施設据え付けの座席は中央から後半の部分だけなので前方席のレイアウト次第ではステージは変えられそうです また上手下手の花道は随分と長く 観客との距離感も近い方なのだと思います(似たような構造のAKB劇場は例の「柱」があってどこからも見えるわけでもない) 運が良く 前方席中央部最後尾上手側の席でした

プログラム曲目センター
1曲目オネストマン小田彩加
2曲目選んでレインボー村川緋杏
MC自己紹介
3曲目さくらんぼを結べるか本村碧唯
4曲目ハートエレキ武田智加
5曲目シャムネコ後藤陽菜乃
MC
6曲目しぇからしか外薗葉月
7曲目早送りカレンダー馬場彩華
8曲目アイドルの王者田島芽瑠
9曲目ブルーベリーパイ川平聖
10曲目呼び捨てファンタジー栗原紗英
11曲目Hate山下エミリー
12曲目夜空の月を飲み込もう豊永阿紀
13曲目マドンナの選択森保まどか
MC
14曲目ハイテンション村重杏奈
MCチーム対抗ゲーム絵しりとり
15曲目メロンジュース
アンコール1ぶっ倒れるまで
アンコール2キスは待つだけなのでしょうか
アンコール3君のことが好きやけん
アンコール4誰より手をふろう

 いよいよの開演 Overtureはなく 博多なないろ公演のオープニング画像 まずはチームパープルから 公演後半で自身たちも口にしていましたが身長低めのメンバーが集まった感のあるチーム バラエティに富んだ選曲で楽しませてくれました 気になったのは本村碧唯さん 終始楽しそうにステージ上で破壊力抜群の笑顔 定評のあるダンスもキレのある動きに喜びの感情をトッピングしたかのようで ステージ上のメンバー 客席にまでその気持ちが伝わってくるかのようでした 
 なないろ公演とはよくつけたもので 各メンバーがセンターになったそれぞれのナンバーに思い思いの色を載せて届けてくれました これからさらにどんな色になっていくのかが楽しみです

 さあいよいよまどかさんのブルーです 同じ画像からの登場 押しの強いメンバーばかりと巷間云われておりますが果たして セットリストの振り幅も大きめで確かに自由な感じですが 先日Twitterにもあげた通りに女の子のしなやかさ 可愛らしさが感じられるステージでした 村重杏奈さんの機転に富んだトーク メンバーへの愛情が溢れるステージでもありました 彼女はこのグループのダイナモとしての役割をいつでもどこでも十全に果たそうとしているのではと思わされました
 マドンナの選択 なつみかんちゃん もとい田中菜津美さんのセンター曲 したたかで たくましい彼女のナンバーをまどかさんは 悪戯っぽく のびやかに披露してくれたまどかさん みんなのマドンナに相応しい楽曲でした そして山下エミリーさんのHateはいい曲を選んでいたし今日一 格好良かった

 対決企画の絵しりとりも随分と盛り上がっていました まどかさんは 縄跳び→び ビンタとなかなか個性的な選択 結構バイオレンスなワードで笑わせてくれました またなかなか読み取りづらいこの絵を理解できたメンバーが多いのもびっくりしました MCを担当した村川緋杏 田島芽瑠さんの手際の良さも好印象でした そしてチーム合同でラストナンバーはメロンジュース 緑のペンライトが支配する客席 お馴染みの光景でしたがその中にいること 推しがステージ上にいること 何より嬉しい(そして泣きそうな)時間でした

 声の出せない観客 アンコールの発動は手拍子でした 手を叩き続けてステージに灯りの戻った瞬間ほんとに嬉しかった ラストは「誰より手をふろう」 ほんとにいい曲 「白いシャツ」「僕の桜」とかこの系統が好きでついつい口ずさみたくなりませんか 

 アンコールまで入れての長丁場とても楽しい時間でした真新しい劇場を手に入れた彼女たちのこれからが楽しみになる そんな未来とか希望を感じられたのも良かったです 何よりまどかさんのステージ そのダンス 歌 表情や仕草 眩しい笑顔を幸運にも間近で観れたこと(見惚れてた)が嬉しかった福岡の一夜でした  

HKT48「3−2」個別オンライン握手会

 週末になるといそいそと 幕張や横浜 小倉などに出かけていた頃が嘘のようになって はや一年近く 最後の握手会は幕張 2019年クリスマスイブの開催でした 自宅や車の中でまどかさんと会話するのもだいぶ慣れてきました ただ握手ができる距離で直接お会いしたりとか写メが撮れるというのももちろん嬉しいし 早く会場での握手会を開催できるような状況になってほしいとも思っています 

 今日は先週の握手会で話題にしたコメダ珈琲店のレポというか報告が話題です
 「こんにちは」
ま「志村さんだ どう元気にしてる」
 「元気だよ コメダ珈琲店行ってきたよ」
ま「どうだった? おいしかった」
 「うん たださ焼き立てを焦って食べて 口の中火傷してさ」
ま「大変」
 「女房も一緒に 大騒ぎで」
ま「奥様も 早く治りますように」
 「ねえ 今度の公演って みんなで曲順とか決めたの?」
ま「エミリーが中心になって決めてくれて それぞれがやりたい曲とか持ち寄って その中で選んで だから振り幅大きいよ」
 「ふーん すごいね 楽しみにしてるよ」
ま「うん じゃあね」
 「またね」

 11月分のまどかさん参加分は本日で終了 しばらく お話ができないかと思うと寂しい限りです しかし 新しい劇場と公演という機会も増えたことですし周年記念をはじめ年末始にむけてのイベントなどで露出されることも多くなることを期待しつつ応援を続けていきたいです
 みなさまも 感染症などの流行が心配されるこの時期 くれぐれもご自愛ください いずれかでお会いできることを願っております
  

HKT48「3−2」個別オンライン握手会第5部

 オンライン握手会も(私は)だいぶ雰囲気に慣れてきました ということで本日は第5部に参加させていただきました 前回ぐらいから回線トラブル(機器のトラブル?)が目立つようになってきました 本日も午前中からTLでちょくちょく見かけていました しかし 問い合わせ窓口の設定 メンバーによる呼びかけなど対応の立ち上がりも早いので不安はありませんでした ただ11月分の募集 更には12月分についても予告のアナウンスがされたタイミングなので 根本的な解決とはいかないまでも今回の対応についての詳細な報告 今後の対応を早めに周知した方が良いかとは思います

 参加者である自分たちも事前の準備をもう一度チエックしておけば落ち着いて対応できるかと思います シリアルコードの記録(iOSにはその手の機能がないらしいのでスクショ)ラインアプリのテスト通話(イヤホン着用)通知機能の一時カット(おやすみモードなど)Wi-Fiの切断(運営側の注意書き)など もう一度抜かりがないか確認 お手許に(筆談用に)ホワイトボードやスケッチブックを用意して置くことも忘れずに あと 顔認証が済んで待機している際の表示の上部に接続の状態が出ていますよね 接続不安定であればその部分にタッチしてリロードを実行しています

madokamera_48ストーリーズから

 自宅での参加でしたので 事前に髭剃りをして待機していました 

 「こんにちは」
ま「志村さんだ こんにちは」
 「今回これを作ってみたんだ」(下の画像)

 お名前の脇のピアノと黒猫がポイント

ま「すごい 志村さん そういうのすぐ作ったりして なんていうのかな センスあるよ 売れるよ」
 「売っていいなら 売るけど(笑)…ねえ(明日の柿落としを話題を切り替えようとして間が空いた)
ま「え なんて言った?」

 「いいよ 何も言ってない こないだのお団子焼くお店」
ま「うん あのお店」
 「コメダでもやっていてさ コメダ珈琲店でも何軒かだけなんだけど」
ま「え そうなの 大きな街とかのお店?」
 「神奈川の方にあるんだけど…」
ま「コメダって言ったら あとあれも ほら お肉の コメ牛!」
 「ああ あのライスバーガーみたいの(事前リサーチ不足が露呈して焦る) 来週行ってこようと思ってるんだ」
ま「ほんと ? じゃあ食レポしてよ」
 「うん 」
ま「あ そろそろ またね!」
 「うん またね」
 で終了 やっぱりちょっとつまづいたりはするけどそれでも充分に会話を楽しんで 笑顔にも会えた ほんと幸せな時間をありがとう

 終了後すぐに次の申し込みを済ませました 次回はコメダの食レポをメインにお話できればと思っています